精神病を克服するために知っておくとよいこと

悩みに合わせた選び方

心の病気と言われている精神病は、悩みや置かれている状況によって診療科目が異なります。軽度や重度、年齢や生活環境などからも見ていく必要があるため自己判断は避けた方が良いです。本格的に治療する場合は精神病に詳しい専門病院を受診することをオススメします。

病に効く有効な治療方法

精神病には複数の治療方法があります。それは薬物療法やカウンセリング、面談です。薬物療法は毎日決まった量を服薬し観察していきます。継続して飲むことで効果を発揮するため途中でやめると有効な治療とはなりません。カウンセリングは心理療法による心のケアを行います。悩みを聞き一緒に解決する方法を模索するなど心に直接働きかける治療となります。面談は同じような症状を抱える人たちが集まり話し合うことです。

一人ひとり異なる治療期間

精神病には完治がありません。そして治療の終了も明確ではないため、数か月で終える人もいれば数十年かかる人もいるなど個人差があります。ただ自己判断でやめてしまうと更なる病気の悪化を引き起こしかねないため避けた方が良いでしょう。

治療や通院にかかるお金

薬物療法もカウンセリングも利用すると治療費が発生します。経過観察が必要になるため断続的に通院することで治療費は家計の負担になるでしょう。しかし抱える病気によっては支援金を受け取ることができます。今のところ指定された精神病でしか受け取ることはできませんが、経済的な支援にも繋がるため該当する場合は申請すると良いでしょう。

実際に得られる効果とは

心の病気は目に見えるものではありませんが、通院や治療によって心の負担が軽くなったと感じれば、それは効果が表れている証拠です。何もしないよりは明らかに良くなっているため表情や言動に違いが出るでしょう。

最寄り駅から徒歩5分圏内、夜21時までの夜間診療など、立ち寄りやすい環境づくりに注力している医院が多くあります。「ツラい」と思ったその日のうちに立ち寄れるところが、新宿の精神科の強みです。