フランチャイズって何?収支保証があった方がいいの?

フランチャイズとはそもそも何か

フランチャイズとは、本部と加盟店が契約を結ぶことで成り立つビジネスのスタイルです。フランチャイズ契約を結ぶことにより、加盟店は本部が持つノウハウや技術などを使用できるようになり、その見返りとして本部へとロイヤリティを支払います。加盟店には人気店のシステムを使えるメリットがあり、本部にはロイヤリティによる収入を得られるメリットがあります。日本で全国規模のチェーン展開を行っている企業のほとんどはフランチャイズを実施しているといっても過言ではありません。フランチャイズにより店舗数が増えると知名度がさらに上がり、加盟店を集めやすくなります。大手チェーンの多くは利益を出すための優れたシステムを有しています。

フランチャイズの収支保証

フランチャイズの本部の中には収支保証を行っているところもあります。収支保証とは、加盟店の収支を一定期間保証し、設定した金額に届かなければ本部が負担するというものです。フランチャイズ開業当初など経営が安定しにくい時期には大いに役立ちます。収支保証の期間は各フランチャイズの本部が設定します。3か月から半年くらいまでが一般的です。加盟店は収支保証があるうちに一定の人気を獲得する必要があります。収支保証を行っていないケースもあるので、契約の際には注意しておきましょう。たとえ収支保証がなくてもロイヤリティが低く設定している場合など、良心的なフランチャイズ本部は存在するので、収支保証ばかりに注目しないことが大切です。

フランチャイズ募集」とは、サービスを含む自社の商品を取り扱ってくれる人を募集することです。業種はコンビニだけではなく、飲食店・不動産・教育関連とあります。