手書き製図のわずらわしさから脱却できるCADの特徴はこれ!

製図を簡単に行うことができる

手書きの製図は、ドラフターという道具を使って、定規やシャープペンシルを駆使して描いていきます。常に設計対象物の立体を頭にイメージしながら断面図などを描かなければなりません。それによって、形状のミスが起きやすかったのです。また、修正は消しゴムをつかうので時間がかかってしまうことと見た目が悪くなり、間違った解釈を見る人にさせてしまうことがあります。さらには、製図場所が限定的であることや紙での運用になるため、持ち運びや管理が面倒になるのです。

これを解消してくれるのがCADです。パソコンを使って専用のソフトで製図を行います。マウスでコマンドをクリックするだけで形状が簡単にできます。3Dタイプを使えば、断面図は自動的に作図されるのです。修正も簡単ですし、紙面が汚れることがありません。ソフトがインストールされているパソコンなら作図できるため複数人で作りこむことが可能ですし、データでの運用ですので管理がしやすくなるのです。

汎用性が広がる便利なソフト

CADソフトは製図だけではありません。近年は3Dタイプが主流で設計された形状を使っていろいろな開発活動ができるのです。まずは、解析です。応力や流体や熱変形などが検証できます。これにより、設計されたものが十分な強度があるのかや性能が発揮できるかを見ることが可能になります。製造側では、機械加工の加工プログラムや組立作業性をバーチャルで検証することができるのです。3Dモデルをいろいろな検証をすることで修正をしてよりいいものにすることが可能になります。

CADとは設計や製図ができるPC専用ソフトです。建築CADや機械CADなど様々な種類があり、中でも電気CADは電気設計をサポートするのに特化したソフトとなっています。これを使えば効率よく設計や図面の作成ができます。